テッサロニキからブラショフへの移動方法と国境越え

ギリシャのテッサロニキからブルガリアのソフィア経由でルーマニアのブラショフまで移動します。

 

テッサロニキからソフィアまでの列車のチケットは前日に駅の窓口で購入しました。あとは当日、窓口で手配。満席で取れないということはありませんでした。

移動方法

1.テッサロニキ市内-テッサロニキ駅

2.テッサロニキ駅-ソフィア駅

3.ソフィア駅-ブカレスト駅

4.ブカレスト駅-ブラショフ駅

1.テッサロニキ市内-テッサロニキ駅

泊まっていた宿を6:30に出発。朝食付きだったのでお弁当にして欲しいと前日にお願いしていました。お弁当を持って長旅に出発です。

2.テッサロニキ駅-ソフィア駅

列車2等 45.40ユーロ

テッサロニキ発ソフィア行きの列車は7:30。

2等はコンパートメント式でシートはリクライニングが効かない中国で言うと硬座のようなもの。それでも厚みがありクッションも効いているので快適です。

出国も入国もまったく問題なし。列車での国境越えは超簡単です。

2度目のソフィア。

ソフィアの駅で本日のブカレスト行きの列車のチケットを取ります。

なんと1等と2等の値段の差がたったの6レバでした。値段だけでも聞くものですね。なので、初コンパートメント式1等寝台です!

ソフィアの駅はカードが使えないのでまずは両替。駅の外にはたくさん両替所があります。

ついでにルーマニアの通貨にも両替です。ドルからルーマニアレイの両替も可能でした。

ノルド駅周辺は治安が悪くて有名なのです。情報ノートにも『駅から出ずにブカレストはスルー』と書いてありました。なんでもATMでお金をおろした直後に強盗にあった人、多数とのこと。何年か前にも日本人女性が殺害されたという事件もあったくらいです。

かなりビビっております。予防できることはしておきましょう。

3.ソフィア駅-ブカレスト駅

列車1等 81レヴァ

夕方までソフィア観光。2回目なのでもう観光するところはないんですけど。

ついでにユーロをおろせるATMを探していましたがどこもダメでした。

少しのルーマニアレイを持って列車に乗り込みます。

今回の出国、入国も簡単。列車は荷物を持たなくていいので助かります。

何だか同じ列車に出国できない方々がたくさんいました。

「ドキュメントがなんだらかんだらで出国できない!」とお役人さんが怒ってました。ビザが必要なのに取っていなかったとか?

夜中に駅に放り出されていました。´Д` ) いやだー。こわいよー。

ブカレスト駅には30分ほど遅れて到着です。

それでも朝の6:00。明るくなる前の駅構内はなんか不気味。

恐怖で慄いていたブカレスト駅の印象は、実はおまわりさん多数。マック、KFC、サブウェイもある。なんか安心した。

日が登ってくると駅も明るくなってそれほど怖くない。

でも各店舗のトイレには鍵が掛かっていて客が勝手に開けられないようになっているところが治安の悪さを物語っております。

駅には使いたくないけど、ATM、両替所もありました。これで駅にでなくても現金が手に入りチケットが買える!

そんなに心配するほどでもなかったなぁと思うけど気の緩みは事故に繋がるので引き続き警戒です。

4.ブカレスト駅-ブラショフ駅

列車代 2等 50.50レイ

市内バス 2レイ

ブカレストには滞在することもなくそのままブラショフへ移動します。

窓口で当日のチケットを購入。列車に乗り込み移動です。

約3時間程だったでしょうか?結構長旅だった気がしますが無事にブラショフ到着です。

駅の前が市バス乗り場になっているので市内の移動は簡単です。

私が泊まる宿へは5番か51番のバスで。

ギリシャのテッサロニキからブルガリアのソフィア経由、ルーマニアのブカレストをスルーしてブラショフまでの移動でした。