ジャイプールで買い物三昧。

ピンクシティとも呼ばれている観光地ジャイプールでショッピングをするならやっぱり『ブロックプリント』。私の大好きな布系をご紹介。

2019.04.10

ほとんどのブロックプリントのお店が店内撮影禁止なので私が購入した数点を紹介という名の自慢をしたいと思います。

Anokhi

言わずと知れたブロックプリントのお店。『アノーキ』と読みます。

インドを代表する高級ブランド店はここ、ジャイプールが本店。

アノーキは常時、セール品が出ていて30%ほどお安くなっています。好みの物だったら迷わずゲットですね。

このチュニック丈のブラウスも30%オフでした。

ブラウス 700ルピー

ショートパンツ 450ルピー

お手頃価格で軽いし、お土産にぴったり。

安くなっているとは言っても高級ブランド。やはりお値段は張ります。

ですが洗練されたデザインで日本で来ても浮かず、何よりブロックプリントの服がこの値段で買えるというのは貴重だと思います。

そして、ショッピングに疲れたら休憩できるカフェがあるのも嬉しいポイント。

インドのラジャスターンにあるジャイプール。 ・・・つづく

アノーキが経営するカフェ、「アノーキカフェ」があるのはここ、ジャイプールだけ。

一度足を運んでみてください。

場所


Soma

日本ではアノーキと人気を2分するほどの有名店、『ソーマ』。

ソーマでも時々、安売りをしています。私が行った時はなんと!40%OFF!!

かなりのお得感なのでチェックだけでもしたほうがいいですね。

こちらのビル、地下階から3階まで全てがソーマ。

ブラウス 350ルピー

コチラ、40%OFFでした。ラッキー!

ビーズ付きスカーフ 1枚280ルピーだったかな。

こちらはセール品ではなく通常のお値段。何枚でも欲しい・・・。

カラフルなデザインが多いソーマ。カラフルが過ぎておばちゃんっぽくなってしまうことも。

スカーフのサイズが豊富なのでストールなど巻く系のものをお探しならソーマへ。

Kilol

こちらはこじゃれたガーデン風の店舗。

ピンとくるものがなくて買い物しませんでしたが雰囲気的にはサリーやクルタが多め。

「インドのトラディッショナルをアレンジした服」という感じ。

ちょっと日本では普段着には合わないかな?特別な日にはいいかも。

場所




HASSAN’S

こちらは有名ブランドではなくバザールの中にある店舗。

生地がたくさん並んでいます。

藍染のジュード。上からぶら下がっているのはブロックプリントに刺し子を施した生地。

コットン、ジュードの生地の他にラグなどの品揃えも。

生地は1m単位で購入できます。

1m 150ルピー。

クルタを作るなら3m必要とのこと。

生地の他に洋服も販売。

デザインはあまり豊富ではありませんがシンプルなワンピースが多めでした。

ワンピース 2100ルピー

バッグ 150ルピー

洋服の寸法が長すきる場合は地下にある工房ですぐにお直しが可能とのこと。

ハンドメイド作家さんにおすすめの生地屋さんです。

場所


いかがでしょうか。完全にブロックプリントの紹介になってしまいました。

インドといえばブロックプリント。ということで仕方がありません。もはや、ジャイプールにはブロックプリントを買いに来たと言っても過言ではないのです。

ということで、ジャイプールでブロックプリントを買い漁るでした。