シンガポール散策

シンガポールの街を散策します。

高層ビルと昔ながらの中華の文化、そしてインドやヨーロッパの文化が混じった独特な国です。

2016.09.24

ゴルフボールみたいなビル

sg114

ここは昔、フランスの尼僧が建てた教会

sg115

今は高級レストランが並ぶちょっとしたフードコートになっています。

ちなみに牛角も入っています。

sg116

教会も使わなくなるとこうなっちゃうんでしょうか

sg117

廃寺を精進料理屋に・・・・。流行るな。これは。

sg118

アルメニア教会

sg119

アルメニア人がお金を出し合って作った教会

sg120

アルメニア正教のミサはとっても美しいので参加したかった。現役の教会ならば。

sg121

なんだか怪しげな建物です

sg122

切手博物館

売店ではいろいろな切手が売られていました。コレクター必見です。

sg123

消防署博物館 消防士必見です

sg124

慶和会館

本土の客家との架け橋になるべく作られた「会館」らしいです。

sg128

クロスストリートとアッパークロスストリート

昔、インド人がヤギのミルクを売っていた通り。

当時、シンガポール、マレイーシアで最大かつ最強と言われた秘密結社・海山公司の本部がここにあったらしい。

職業斡旋業者を装って売春や阿片の売買を統括していたんだと。

シンガポールにも闇があったんですね。

sg132

そして現在の中華街 乾物が山盛りです 在庫多すぎやしませんか?

sg125

銀杏もこうやって売られています

sg126

sg129

夕方になると欧米人がワラワラと・・・

sg130

シンガポールのポストは白

sg131

sg127

シンガポールの闇も見れたシンガポールの街散策でした。