安宿情報:KLの中華街で居心地のいい宿『Travel Hub Guesthouse』

マレーシアのクアラルンプールで中華街周辺に泊まってみました。

2017.04.05

チャイナタウンに泊まるのは今回が2回目。

「古めかしい」「虫がいそう」という勝手なイメージを持っていたので敬遠しがちでしたが、今回泊まった宿はなかなか居心地のいい宿でした。

前回泊まったチャイナタウンの宿はコチラ

マラッカでf会った日本人に教えてもらった宿『Mar・・・本文へ

Travel Hub Guesthouse

中華街とは逆の方向ですが駅にも近くて便利な立地にあります。

わかりやすい場所にあるのも高評価です。

入口

フロント

フロント周辺に共用スペースがありソファーが心地いいです。

コンセントも数カ所完備。

マックが置いてあるデスクもあって使用も可能です。

土足厳禁なので靴箱があります

土禁のはずですが足の裏は汚れがちw

簡易キッチン。ガス台はありませんが冷蔵庫が使えます!

お湯はポットで沸かすシステム。

コーヒーマシーンのような機械は冷たい水のみが出ます。

喫煙スペース。

この横にシャワー・トイレが2つずつ各フロアにあります。

ちゃんとホットシャワーが出ます。

3階にはバースペースがあり奥にはオープンスペースもあります。

屋上の共用スペース

3階で朝食をいただきます。

朝食は食パン、コーヒーと紅茶のみですが「おいしい物の宝庫」KLではむしろ無用ですよね。

12人ミックスドミトリー

シャワートイレは部屋の外にあるので空き待ちをしなくて済みます。

私の好きなスタイルなので人数が多めのドミでも気になりません。

ベットサイドにライト、コンセントあり。

人の出入りが多いので音に敏感な方や大人数のドミが嫌いという方は気になるかもしれません。

ほかに8人ミックスドミトリーもありますが、こちらのお部屋は2段ベットでなくシングルベットになります。

日当たりも良く若干広く見えました。

コンセントとライトは各ベットサイドにないようでした。

マレーシアの宿における重要な南京虫大問題ですが、この宿には南京虫はいませんでした。

しかし、吸血虫に弱いワタクシ、このベットでダニにやられました。南京虫じゃないのが救いです。

当たり前ですが、やられた人とやられない人がいたので体質やベット、部屋によると思います。

シートを敷いてからは安眠できましたが、虫に喰われやすい人は注意です。

これがなければ完璧、むしろまた泊まってもいいと思うほど居心地は抜群でした。

宿情報

Travel Hub Guesthouse

値段

12人ミックスドミトリー 30MR

設備

Wi-Fi、エアコン、ホットシャワー・トイレは部屋の外、簡易キッチン、フリーティ・コーヒー、冷蔵庫、共用スペース、朝食付き


空室検索、場所、予約はコチラ

マレーシア・クアラルンプールのチャイナタウンで宿をお探しならTravel Hub Guesthouseおすすめです。